Top ブログ 長倉さん、join!★

BLOGブログ

長倉さん、join!★

2021.04.20

こんにちは!

 

エイプの山根です。

 

 

 

3月にJoinしてくれた長倉さんにもインタビューさせていただきました!

 

今回はその模様をお送りします!

 

 

 

長倉さんは人材業界の経験があり、エイプよりもさらに規模の少ない会社で

働いていたとのことなので、たくさん深掘りしていきたいと思います♪

 

 

 

 

 

大澤・山根:今日は宜しくお願いします!

 

 

長倉:お願いします!

 

 

大澤・山根:出身は?

 

 

長倉:埼玉の所沢です。高校3年次まで埼玉、大学からは北海道でした!

 

 

大澤・山根:エイプ埼玉県民多いなー!

北海道とはまた唐突ですね?

 

 

長倉:それはエイプの面接でも言われました(笑)

サッカーのプロ目指していて、スポーツ推薦で北海道の大学に進学したんです。

 

北海道ってなかなか帰ってこれないので、物理的に自立しなきゃいけない環境にも惹かれて進みましたね。

 

 

大澤・山根:大学卒業後は??

 

 

長倉:大学卒業後は、サッカーやっていました!

ご縁があって宮崎のチームに配属することが決まっていたので就職活動もしたことなくて。

 

 

大澤・山根:北から南へ(笑)

宮崎はどのくらいいたのですか?

 

 

長倉:端から端まで責めましたね。(笑)

宮崎は2年間いました。当時は、、週6でジムのインストラクターと配達のアルバイトをして、

午前中毎週土日は試合してましたね。

 

 

大澤・山根:タフだなあ。。。

そこから前職で働くまでの経緯を聞いてもいいですか?

 

 

長倉:元々2~3年でプロ無理だったら、諦めようと決めていて、それで転職活動を始めました。

 

とりあえず、求人サイトに登録して、右も左もわからないまま始めましたね。

何するのか??というところから始まって・・・。

当時は大変でした。

 

 

大澤・山根:当時はどういう軸で活動していたんですか?

 

 

長倉:その時も人材でした!「誰かのサポートをしたい。」ただそれだけなんです。

 

 

大澤・山根:未経験で受かったのはすごいですね!!

中途採用で受けていたってことですよね?

 

 

長倉:それが、無知から始まった転職活動だったので、新卒で進んでいたんですよ・・・。(笑)

一応既卒という扱いであるんですけど、知らなくてエントリーしてご縁頂いた感じです。

なので、24歳の新卒です★

そこで入社したのが前職でした。

 

 

大澤・山根:新卒で入社して、新卒のエージェントって初々しい同士ですね!

大変じゃなかったですか?転職活動する方も何もわからず、

長倉さん自身も大学に通いながら活動した経験がないから。

 

どうやってスタートしていったんですか?

 

 

 

長倉:そうなんですよ。最初はRA(法人)のみに特化していて、ひたすらテレアポして、訪問して、商談して、

まず企業さんのことを理解していって、そこで業界のことと新卒採用の流れを身体で感じて学んでいった形ですね。

 

そこから半年後にチームに配属されて、その時は企業のことはインプット出来ていたので、

業界のこととか、社会の事とか、現実のところとか、何も知らないからこそ学んだことを

わかりやすく話せるエージェントになってましたね。

 

 

大澤・山根:チーム配属後は、両面で活動していたんですか?新卒エージェントのイメージが沸かなくて。。

 

 

長倉:そうです!CA(カウンセラー)も並行してやっていました。

 

あ、CA面はエイプに入社してギャップがあって、

エイプって1日大体1~2面談くらいだと思うんですけど、

前職の時は1日大体7~8面談くらいやっていて。

 

 

大澤・山根:え!?私たちからみたらどうやってやるの?ってくらいのボリュームですね。。

 

 

長倉:もう昼休憩なしで、10時~19時が定時なんですけど、オーバーして面談を続けていて、

面談が終わったら既存の方のフォローをするっていう感じで。。

一人一人を覚えるのがまず必死でしたね。

 

 

大澤・山根:私は名前覚えられる自信がないかもしれない・・・・。

 

 

長倉:エイプはほんとに一人一人深く入り込んで寄り添ってって感じなので、いい意味で気持ちに余裕があります。

 

 

大澤・山根:面談もして、商談して、面接の対策もして、、ですよね?

 

 

長倉:エイプと違って、面接対策は一次選考を通過した方で希望があった方のみって形ですね。

 

 

大澤・山根:残業がすごそう・・・。

 

 

長倉:日によりますけど、終電前とか・・・。

エイプは皆さん帰宅が早くて、正直そわそわします(笑)もう帰っていいのかな、って(笑)

 

 

大澤・山根:終電前はありえないですね!(笑)

そもそも話戻っちゃいますが、どうして前職に入社を決めたんですか?

 

 

長倉:前職に入社を決めた理由は、まずは人ですね。人がすごくよくて、成長意欲があるメンバーが多くて。

サッカーをずっとやっていたのでチームで目標を追っていく点も自分にマッチしていると思いましたね。

 

あとは、当時8~9名の規模感だったので、上に上がりやすいなと感じましたね。

 

 

大澤・山根:新卒って4月入社が一般的ですけど、一番の繁忙期っていつなんですか?

 

 

長倉:前職の場合は、5・6・7・8月が繁忙期でしたね。

解禁が3月で、夏で転職活動に困っている方からご依頼がすごい感じですね。

 

 

大澤・山根:じゃあ冬は比較的余裕はあったんですか?

 

 

長倉:それが実は冬も仕事量は多くて。

冬までなかなか内定もらえなくて決まっていない方が溢れるので、面談がすごい事になるんです。

しかも今経団連が発表した活動前倒しで、不安な学生も溢れてきていて、

翌々年の4月入社の人材も面談を並行していかなきゃいけないので、ものすごいことになってました。(笑)

 

 

大澤・山根:なるほど・・・。今ってそんな前倒しになってるんですね。。。

 

 

長倉:LINEの通知は止まらないですね。土日もバンバン連絡が来てましたんで、土日も仕事三昧でした。

 

 

大澤・山根:前職は3年働かれていたと思うんですが、転職しようとしたきっかけってなんだったんですか?

 

 

長倉:1つ目は、前職もすごかったが、自分が他の企業に行ったときにどのくらい通用するのか?

市場価値を知りたかったのと、あとはスキル面の向上が理由ですね。

同業界でそのくらい通用するのかな、というのは気になっていたところですね。

 

2つ目は、家族のことですね。平日も仕事して、土日も仕事してだと、

家庭に影響を与えちゃうなと思ったのが2つ目ですね。奥さんに育児全部お任せして、

なかなか会話も作れなくて、このまま続けるのはまずいなと思ってました。

 

 

大澤・山根:エイプ子持ち多いですしね!

 

 

長倉;そこは良いギャップでしたね。落ち着いている方が多いです!

 

 

大澤・山根:THEベンチャー!みたいな方はあまりいないですね。飲み会とかもともと少ないですし。

入社してその後どうですか?

 

 

長倉:とりあえず必死です(笑) と同時に自分次第だな、と感じてます。

 

中途の方って条件・求人などある程度軸があるので、そこは難しいところだな、と思いますね。

新卒の時は自己分析を一緒にやっていく感じだったので。これまでのやり方は通用しないと感じています。

 

 

 

 

インタビュー中も仕事中も終始爽やかな長倉さん。

エイプ内で、またパパとして今後のご活躍が楽しみですね♪

 

またウォッチしていきたいと思います!

 

 

 

この記事を書いた人:山根 千佳

最近の記事