Top ブログ 【メンバー紹介】第五弾:森下さん♪

BLOGブログ

【メンバー紹介】第五弾:森下さん♪

2019.09.13

こんにちは。

hape(エイプ)コンサルタントの山本です!

 

 

今回は、hape初の女性社員としてJoinした「森下さん」にインタビューさせて頂きました♪

森下さんは、企業販促、CRMやSFAの管理・運用、自社メディアの企画・制作・運用など、本当に幅広い業務を行って下さっています。私たちコンサルタントが日々働けているのも、森下さんのおかげだなと常に感じています!そんなhapeにとってなくてはならない存在なんです★

 

 

 

 

 

 

 

 

岡本山本:森下さん、本日はよろしくお願いします!

森下さん:よろしくお願いします!なんも面白いことないのですが~♪笑

 

 

 

岡本:まずは、前職どんなことやってやってたんですか?

森下さん:前職は大手ハウスメーカーで勤務していました。戸建て住宅の営業だったので、住宅展示場で働いてました。

岡本:へぇ~。っということは、展示場に来た方を案内するってことですか?

森下さん:っていうのを想像すると思うんだけど、、。実際展示場の来客なんて週に2~3組しかない。笑

山本:えっ!!!どこの展示場だったんですか?

森下さん:藤沢の展示場。結構花形の展示場と言われれている展示場だったんだけど、それで週2~3組。営業は6人いるから、どう考えても展示場にずっといたとしても週1組接客できたらラッキー!さらには月2組接客できたら良い方。なので、結局営業がどういう風に案件取ってくるかというと、、、飛び込み・テレアポ・不動産会社からの紹介。笑

山本:へぇ~!!!ザ・営業だったんですね!

森下さん:そうそう!担当エリアが与えられて、リストがあるわけでもないので、担当エリアの古い家など常に探してた。。笑  あと家賃が高そうな賃貸マンションとかピンポンしてた。笑 でも、1年目にそれをやってなかなか成果に繋がらないなと思って、、2年目からは不動産会社と仲良くなる方が早いなと思った。そこからは不動産会社さんとコネクション作って紹介とかもらえるような関係をつくってたかな。っていうのが、案件の獲得方法。笑 展示場の勤務だけど、みんなが思っている接客方法とは違うと思う。

岡本:ゴリゴリだ。。笑 どれくらいやってたんですか?

森下さん:2年半ぐらいかな?

山本:すごい~!!!

岡本:本当すごいっすね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本:hapeにたどり着いた経緯はどんな感じですか?

森下さん:ある一つの転職媒体に登録して、そこは企業から直接スカウトのメールが来るところで。その中で、hapeから「面接しましょう!」ではなくて「こういう会社なんですけど、一度お話してみませんか?」って来たんですよね。その時は、創業から今まで一度もテレアポしていません。3人しかいない会社なのにこれだけやっている。って書いてあって。基本私は新規営業はテレアポと飛び込みじゃないと成り立たないというスパルタ教育で育ってきたので、どういう風にやっているんだろう。という単純な興味が沸いて、ちょっとお話させてくださいっていう感じで来たんですよね。笑 人材業界を希望していることもなかったし、営業をやりたかったわけでもなく。ただ単に事業モデルについて知りたいなと思って話を聞きに来たのが最初。

山本:そうなんですね!スタートはそういう感じなんですね!

森下さん:そのころはhapeはまだ3人しかいなかったから、まずはコンサルタントだけれども将来的には好きなことに挑戦できるよという感じだった。面談では、自分の人生計画なども蔵野さんに話しながら、自分の方向性とhapeが合っていたのと、事業内容も楽しそうだったから入社を決めたんですよね。笑

岡本:もともとコンサルタントを希望して入社したわけではなかったんですね!

森下さん:うん。コンサルタントが嫌でもないし、法人営業に興味があったし、人と話すのも嫌いではなかった。転職の支援も面白そうだなって思った。でも、どちらかというと、まだ小さい会社だから色々なことをやらせてくれるっていうことの方が魅力があった!大手にいたからこそ、「これがあなたの仕事です!」と決められるのが窮屈で嫌だったんですよね。

岡本:おもしろいな~。

 

 

 

山本:入社後は、どんな感じだったんですか?

森下さん:最初は、3~4カ月ぐらいコンサルタントの業務をやったかな。吉田さんの営業に同行したり、求職者との面談したりしていたかな。吉田さんの営業アシスタントみたいな感じだったかな。

山本:へぇ~。求人票作るみたいな感じですか?

森下さん:そうそうそう!あとは蔵野さんの昔のお客様のところに同行させてもらったりしたかな。そして、半年ぐらい経ってからセールスフォースを導入しようっていうタイミングが来て。ここあたりから内勤業務が増えてきて、ちょっと面談やりつつ、内勤業務が大半を占めるようになってきた。そこから半年ぐらいは、CAだけやるのと内勤系の事務全般をやっていた。そのあとに、福島さんたちがJoinしてきたタイミングで完全に内勤にシフトしたんですよね。そこから今に至るって感じ。笑 なので、結局入社して1年も経たずに今の業務になってるから、コンサルタントの仕事はなんとな~く現場研修だけさせてもらったっていう感覚かな~。

 

 

 

岡本:セールスフォースの設計とかもやってたんですよね?

森下さん:そうそう。最初の導入からやりました。今は当たり前のように取引先の企業があって、求職者があってってなってるけど、何もない状態からスタートした。

岡本:あれってセールスフォースの担当者と一緒になって考えていったんですか?

森下さん:一応最初に蔵野さんから「こういうビジネスモデルでやっていきたい」みたいは話をしてもらった。それで、営業担当の方はいるんだけど、あくまでも営業担当なのでシステムに詳しいわけではないんだよね。こういう風に出来るということだけ教えてもらって、あとはhapeが管理していきたい項目を手探り状態でやっていった。そもそもセールスフォースで何が出来るのか分からなかったので、蔵野さんの前職の職場に行かせてもらって「あぁこういう風に管理すればよいんだ」というヒントをもらったんです。出来ることさえ分かってしまえば、そこに行く手段は自分で調べれば良いだけだからね。

岡本:すごいな~。

山本:森下さんって、もともとパソコン得意だったんですか?笑

森下さん:私の高校時代は、学校サイトとかクラスサイトとか流行った時代だったんですよね。それで、クラスサイトをHTMLを動かして作成したことがあったから、なんとなく0ではなかった。何もやったことがない人よりかは、サイトのタグがこういう風になっているとかは高校の時から何となく分かっていた。そのあと、大学のときはデザインの勉強をしてフォトショップやイラストレーターを使えるようになった。なので、さわりだけは分かっていたので苦手意識はなかったかな。あとは、hapeに入社してからもWEB制作の学校にも通わせて頂いたからね。広く浅くいろんなことをやって来たって感じですね。

 

 

 

岡本:実は森下さんは現在妊娠されているんですよね。

山本:そうですよね。森下さんは、育休産休から復帰したら働き方はどう考えているんですか?

森下さん:転職してきた段階から、蔵野さんとは将来のビジョンは話していて、女性だからこそ家で出来る仕事を覚えてほしいと以前から言われていたんですよね。なので、在宅で出来る仕事を今後のhepeで働く女性のためにも増やしていきたいなと思ってます。やれることをやっていきたいなと今は思っているかな。

山本:確かに、女性としての働き方を新たに築いて頂けると嬉しいですね♪

 

 

岡本:出産はいつですか?

森下さん:11月末を予定しているかな。

岡本:復帰はいつぐらいを考えているんですか?

森下さん:来年の春ぐらいかな?

山本:えっ!?めちゃくちゃ復帰早いですね!すごい!!!

森下さん:そうなんですよね。笑 すぐに復帰する予定です!笑

 

 

 

 

山本:最後に、出産への意気込みをお願いします♪

森下さん:意気込み!?笑 うーん、不安もあるけどすごく楽しみですね★

山本:本当に元気な赤ちゃん出産してくださいね♪hepe一同応援しています!

森下さん:ありがとうございます!出産頑張ります♪

 

 

 

森下さん、本日はインタビューありがとうございました♪

hapeのメンバー全員、森下さんの出産を応援しています★

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人:山本 綾香

最近の記事